郡山健康マージャンクラブのマナー

健康マージャンはゲームです。勝てば楽しいし負ければ悔しいのは当たり前ですが、「郡山健康マージャンクラブ」では、お互いに楽しく気持ちよくゲームをすることを何よりも大切にしたいと思います。
マナーは「NPO法人 健康麻将全国会」が提唱しているマナーに準拠していますが、当クラブ独自のものもあります。
みんなで楽しく気持ち良くゲームをするためにマナーの厳守にご理解とご協力をお願いいたします。

1.クラブでは、麻将習熟度がさまざまなレベルの人や身体条件がさまざまな人が参加しています。「人に
は優しく、そして自分には厳しく」が大原則です。
2.相手に不快感を与える言葉や態度は慎みましょう。卓への肘付きは止めましょう。
3.名札の着用は毎回忘れずに!
4.「卓決め」「席決め」等は、指示または案内どうりに行って下さい。
5.ゲーム開始時の「お願いします」、終了時の「有難うございました」の挨拶は必ず実行して下さい。
6.開門(山切り)は、原則親の仕事です。「8です」などと言って相手が牌を分けてくれるのを待つのは間違
いです。
7.ドラ牌をめくるのは、その牌山の前の人の仕事です。配牌が終ったら、リンシャン牌を崩れないように
するため、下段におろし、それからドラ牌を表示します。
8.「先ヅモ」「牌の強打」は絶対におやめ下さい。捨牌は「6枚切り」で、きちんと並べます。
9.「リーチ」「ポン」「チー」「カン」「ツモ」「ロン」は、他の3人がはっきりと聞き取れるように発声
してから動作に移って下さい。
10.伏せ牌は、リーチの場合も含めてマナー違反です。
11.誰かがロン・ツモでアガった時は、他の三人は手牌を伏せて点棒の支払いが終わるのを待ちます。手牌
を崩すのはマナーとルールの両方の違反です。
12.対局中の「口三味線」や対局相手への批判など、言動には細心の注意を払って下さい。
13.後ろから立ち見しながらの発言、アドバイス等は厳禁です。
14.ゲーム中のトラブルは、プレーヤー同士で言い合いをせずに、会長又は会長の指定した人のジャッジを
仰いで下さい。
15.麻将用具、用品の取り扱いは丁寧に行い、破損や紛失等には十分注意して下さい。
16.挨拶の励行は習慣づけましょうーーーーーーー会員さん同士は勿論、公民館への入館時には職員さんに
きちんと声をかけて下さい。

(注)再三の注意にも拘わらず、マナーを守れない場合、会長裁定により「除名処分」があります。

mana

2016年8月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : watanabe